1  2  3  4  5  6

2012年 12月 21日 | VIETNAM | Posted by Ozawa

日系メーカーの応援団を自負するトリニティ。ここ数年、新興国プロジェクトが増えていることもあり、新興国へ行くと、自然と日本の製品・企業・文化がどのような存在感を持っているのか、気になってしまう。

一口に新興国と言っても当然のことながら日本の存在感も様々で、同じアジア圏でもお国が違えば日本のポジションも違ってくる。日本企業頑張っているなぁと嬉しくなることもあれば、お隣の国に押されている状況に歯噛みすることもある。

今年9月に初訪問したベトナムでは、嬉しくなることが多かったように思う。基本的に日本ブランドに対する信頼度は高く、街中では日本製品をよく見かけた。

今回は、ベトナムで見たニッポンをいくつか紹介したいと思う。

1. バイク

ベトナムはこの数年で自動車が急速に普及したようだが、まだまだバイク(スクーター)の利用率が高い。ホーチミンでパッケージデザインを手がけるデザイナーに聞いたところ、ベトナムにおけるバイクの別称は「ホンダ」だそうだ。つまり、バイクと言えばホンダ、というくらいにホンダのブランドが浸透しているという事。(複写機のことをある年代の人がゼロックスと呼ぶのと同じだな、と思った。)日本人である筆者に対するリップサービスであったかもしれないが、確かにホンダのスクーターは街中を沢山走っていた・・・ような気がする。

なぜ断言せずに「気がする」のかというと、お恥ずかしながら筆者の目には走っているスクーターのほとんどが同じようなデザインに見えてしまい、ブランドの識別ができなかったからである。一つ言い訳をさせてもらうと、スクーターそのものよりも乗っている人々の格好に気を取られてしまったからでもあるのだが、それについては別の記事に書きたいと思う。

ちなみに、現地で通訳をしてもらったベトナム国家大学の大学生、メジロさんが言うには、大抵の人は街中を走るバイクを見ておおよその車両価格まで分かってしまうそうで、バイクはある意味そのオーナーの経済力を表すアイコンでもあるようだ。そう言いながら当の本人は「私は分かりませんけど」と、のたまうのであったが。

ホーチミンで交差点待ちのバイクの群れ.jpg
交差点で信号待ちするバイクの群れ。一番手前はホンダのフューチャー。

ホーチミンのマーケットに並ぶバイク.jpg
マーケットにて。インドでも似た光景を見たが、どうやって出し入れするのだろうか。

2. 日本語

東南アジア等で散見される事であるが、日本ブランドのポジティブなイメージを利用して、商品パッケージや商品名に日本語を用いるケースがある。ベトナムでも日本語混じりのパッケージをよく見かけた。家電量販店では、FUJIYAMAなんていうブランドのコーナーがあったのだが、店員に聞いたら、中国企業のブランドだった。

ホーチミンのスーパーの毛染めクリーム.jpg
スーパーで見つけた毛染めクリーム。これは日本語を取り入れたというよりは、日本語パッケージにベトナム語シールを貼っているだけ。

ホーチミンのスーパーの日本洗剤.jpg
製品名ロゴがまんま日本語の洗剤。これくらい日本語を前面に押し出さないと日本製だと認識してもらえない?!

ホーチミンのスーパーにローカライズされた日本の洗顔料.jpg
こちらは逆にローカライズされたパッケージデザイン。

ホーチミン百貨店の玩具売場では日本メーカーが存在感.jpg
百貨店のおもちゃ売場。玩具はアニメキャラとの関係性が強いためか、日系玩具メーカーが幅を利かせていた。


3. 家電売り場

筆者は海外出張へ行くとほぼ必ず家電売り場に入り、ブランドの勢力地図を確認するのだが、残念なことに筆者が訪れた国々では韓国・中国ブランドの勢いが目につくのがここ数年のトレンド。ベトナムはどうだろうかと思い、今回も家電量販店へ行ってみたが、まとまった売り場を確保しているブランドの数だけで言えば日系メーカーが一番だった。もちろんサムスンやLGの売り場は大きかったし、たまたまその店がそうだっただけかもしれないが、色々な日系メーカーが頑張っている様子が窺えて少し嬉しかった。

ホーチミン量販店の店内案内図.jpg
量販店の外にあった、大きな店内案内図。何売り場かだけが書いてある箇所と、ブランド名併記の箇所がある。金属板に塗料を使って書かれたその案内図は既に色褪せ、実際とは異なる配置になっていたが、日本ブランドが沢山書いてあったので、「良し」としよう。

Posted by Ozawa

Financial Officer

左脳をフル活用し、トリニティメンバーをバックアップ。トリニティ・ストラテジー・インディア設立時の立役者。

2012年 12月 12日 | セミナー・お知らせ | Posted by ブログ管理者

※募集は終了いたしました。ありがとうございました。

~初心者向け~

北京五輪も上海万博も経験し、GDP世界2位と著しい成長を遂げている中国で、80后・90后世代はどんな嗜好性や興味があるのだろうか。今後の中国消費を担う新たなマーケットとして注目されつつある消費欲が旺盛なこの世代。まずは、彼らの基本的な価値観動向から理解しましょう。

■プログラム概要
1. 80后・90后とは?
2. 80后・90后の体験:政治・経済・文化・自然災害
3. 80后・90后の嗜好性とライフスタイル
※ プログラム概要は、変更となる場合があります。

■想定対象者
・中国関連ビジネスの基礎情報を得たい企業ご担当者の方
・中国にて現在若しくは、今後ビジネス展開を考えている企業ご担当者の方
(経営企画、マーケティング部、開発部、デザイン部など)

■概要
開催日時:2013年2月8日(金)
申込開始:2012年12月上旬
申込締切:2013年1月下旬
場所:弊社会議室(東京都千代田区)
講演時間:2時間(質疑応答を含む)
※セミナー終了後、1時間ほど意見交換会を予定しております。
定員:10名
※お申込み多数の場合は抽選となります。
参加費:当日現金お支払い 3,000円(税込/1名様)
※領収書を発行します。
講師:トリニティ㈱デザインプロデューサー 林 貴史、トリニティ㈱ 兪 笋

お問合せ:トリニティ(株)
Tel: 03-5211-5150 E-mail: info@trinitydesign.jp
トリニティ事務局(赤松・山口・林)まで

Posted by ブログ管理者

2012年 12月 12日 | セミナー・お知らせ | Posted by ブログ管理者

※募集は終了いたしました。ありがとうございました。

~初級者向け~

ASEAN最大の国土と世界第4位の人口を持つインドネシア。独自の文化を持ちながらも、「多様性の中の統一」を特徴としており、他の新興国を抑えて、昨今目覚ましい経済成長を遂げています。今回で第3回目となる本セミナーでは、弊社ならではの考察を加えて、インドネシアの現状を多角的な視点からご説明します。

■プログラム概要
1. インドネシア市場の理解に向けて
2. 中間層を取り巻く「今」
3. ジャカルタ直近情報
※ プログラム概要は、変更となる場合があります。

■参加対象
・インドネシア関連ビジネスの基礎情報を得たい企業ご担当者の方
・インドネシアにて現在もしくは今後ビジネス展開を考えている企業ご担当者の方
(経営企画、マーケティング部、開発部、デザイン部など)

■概要
開催日時:2013年2月7日(木)
申込開始:2012年12月上旬
申込締切:2013年1月下旬
場所:弊社会議室(東京都千代田区)
講演時間:2時間(質疑応答を含む)
※セミナー終了後、1時間ほど意見交換会を予定しております。
定員:10名
※お申込み多数の場合は抽選となります。
参加費:当日現金お支払い 3,000円(税込/1名様)
※領収書を発行します。
講師:トリニティ㈱デザインプロデューサー 山口 崇、
㈱インドネシア総合研究所 代表 アルベルトゥス・プラセティオ・ヘル・ヌグロホ

お問合せ:トリニティ(株)
Tel: 03-5211-5150 E-mail: info@trinitydesign.jp
トリニティ事務局(赤松・山口・林)まで

Posted by ブログ管理者

2012年 12月 07日 | BRAZIL | Posted by Yuasa

デザイン調査の仕事で市内を歩きまわってヘトヘトになった所で、
可愛いジューススタンド(らしき)お店を見つけた。
Rei do mateと(ポルトガル語)書いて「マテ茶の王さま」という意味らしい。

1_サンパウロのかわいいジューススタンド.JPG
明るいインテリアの店内。男の子カップルも多い。

メニューやショップ内のウンチクを四苦八苦して読んでみると、
どうやらマテ茶の専門店で、マテ茶をベースに、沢山の種類の
フルーツや雑穀などをその場でトッピングしてくれる。
この新鮮でヘルシーな感覚が受けているらしく、満員御礼。

3_サンパウロのマテ茶.JPG
マテ茶を目の前で淹れてくれる。

4_サンパウロのマテ茶.JPG
フルーツを入れたい場合はマテ茶と生のフルーツをジューサーへ。

5_サンパウロのマテ茶.JPG
豊富なメニュー展開

日本でもマテ茶は、このところ健康志向の女性達にも人気で、
ビタミンやミネラルを多く含んでいるため、飲むサラダとも
称されている。此処ブラジルも、中間層が健康志向に「まい進中」のため、
このブームに乗じて、一躍脚光を浴びている。

早速オーダーして飲んでみると、これが信じられない甘さ!?
せっかく健康志向と言っているにもかかわらず、
日本人にはスイーツのようで残念!

2_スイーツのようなマテ茶.JPG
このブランドのシンボルでもあるキャラクター。
左がミルク入りマテ茶。右側がパッションフルーツ入りマテ茶。見た目ほとんど変わらない。

ブラジルでも、肥満は今大きな社会問題だ。
20才以上の国民のおよそ半数が体重過多。
体重過多か肥満と分析されたのは男性51%、女性49%と1970年以降最も高い水準らしい(IBDE、WHOのデータより)

・・・とはいえ、街を歩く人々は老若男女、多くはかなりのボリューム感。
(他の新興国と違って「女性が痩せたい願望」は、セクシーに見えないという
理由から今のところ、ほとんど皆無らしい。)

いくら健康茶でも、これではかえってハイカロリー、ハイコレステロールで
血糖値も高くなってしまうのでは~とブラジル人の健康を気にしつつ、
自分のウエストの脂肪に思わず手が行く私であった。

Posted by Yuasa

Trinity COO

トリニティ代表。日本のデザインポテンシャルの向上の為、持てる気力・体力・知力を尽くして新興国を飛び回る日々。

2012年 11月 28日 | セミナー・お知らせ | Posted by ブログ管理者

※募集は終了いたしました。ありがとうございました。

いよいよインドでも、次世代研究が始まりました。アメリカと年代把握を同じくする「ジェネレーションY(1980年~2000年生まれ)」。彼らはこれまでのインド特有の習慣とタブーを打破り、新たな経済&文化ステージを築く注目の世代です。セミナーの中では、基本となる中間層のライフスタイルとともに、彼らの価値観や嗜好なども追っていきます。

■概要
開催日時:2013年1月30日(水)
申込開始:2012年11月下旬
申込締切:2013年1月中旬
場所:弊社会議室(東京都千代田区)
講演時間:2時間(質疑応答を含む)
※セミナー終了後、1時間ほど意見交換会を予定しております。
参加費:当日現金お支払い 3,000円(税込/1名様)
定員:10名 ※お申込み多数の場合は抽選となります。
講師:トリニティ㈱デザインプロデューサー 湯浅 保有美

■プログラム概要
1. 中間層の「ライフスタイルの今」
2.若者層「ジェネレーションY」の価値観とデザイン嗜好
2-1. ジェネレーションYとは
2-2. ジェネレーションYの価値観
2-3. ケーススタディ
※プログラム概要は、変更となる場合があります。

■参加対象
・インドにて現在若しくは、今後ビジネス展開を考えている企業ご担当者の方
・途上国におけるBOPビジネスの可能性を視野に入れている企業ご担当者の方
(経営企画、マーケティング部、開発部、デザイン部など)

出張セミナーも随時受付中!
場所:ご希望企業様へ個別訪問
費用:要御相談
納品物(必要な場合):PDF形式(約30ページ[プログラム概要]の2のみ)
※詳しくはお問い合わせください。

お問合せ:トリニティ(株)
Tel: 03-5211-5150 E-mail: info@trinitydesign.jp
トリニティ事務局(赤松・山口・林)まで

Posted by ブログ管理者

1  2  3  4  5  6

トリニティについて

先進国・新興国のデザインリサーチ及びデザイン開発によって、日本企業の海外での成功に貢献致します。
http://trinitydesign.jp/

info@trinitydesign.jp


海外提携会社の詳細はこちらをご覧下さい。