1  2  3  4

2013年 12月 06日 | VIETNAM | Posted by Ozawa

経済発展過程にある国において、自動車に先んじてバイクが広く一般に普及するというのはよく見られる事象であるが、ベトナムにおいてもそれは当てはまる。ここ数年で道路を走る自動車の数は飛躍的に増えたそうだが、それでも主役の座はまだまだバイクにある。

そして、バイク事情にもお国柄が表れる。今回は、バイクを通じて見たベトナムについて語ろうと思う。(とは言え、筆者はバイクは素人)

筆者が実際に見てきた、あるいはトリニティのリサーチャーが見て(そして撮って)きた新興国のバイク事情と比べて、ベトナムには以下のような特徴があると思う。ちなみに筆者が訪問したのはホーチミン市である。

1. スクーター比率の高さ

他のアジア諸国に比べて、スクーター比率が高いように思う。理由としては都市の規模(走行距離の違い)、道路事情(舗装具合)、実用本位度(自己表現の一部か、単なる足か)といったところであろうか。

筆者の見た限りでは、ホーチミン市街地の道路の舗装状況は悪くなく、アップダウンもない。また、面積的にはそれほど大きくない。皆、ちょっとした距離の移動に使う足としてスクーターを使っているのだろうとばかり思っていたのだが、通訳をつとめてくれたホーチミン市国家大学に通うメジロさんは、毎週末数十キロ離れた実家にスクーターで帰っているそうだ。日本だと「よくそんな距離スクーターで通うね」と言われてしまうところだが、当の本人にとっては隣町へ行くような感覚のようだ。さすがにお尻は痛くなると言っていたが。

2. 多彩なヘルメット

ホーチミン市のバイク乗りが見た目で自己主張するとしたら、ヘルメットはマストアイテムであろう。そう思えるほど、ヘルメットの種類が多彩である。ただ、多彩と言っても、見た目にはハーフタイプが100%近いシェアを占めている。フルフェイスは滞在中一度も見かける事が無かったし、シールド付きのタイプも皆無ではないが、見た記憶がないほど少ない。

先述したように、チョイ乗りが多いと思った理由の一つは、ヘルメットにある。長距離を飛ばすことが無いから、ハーフタイプがあそこまで普及しているのかな、と。あるいは、単純にフルフェイスは高いから敬遠されているのだろうか・・・などと思案に暮れていたら、通訳のメジロさんがまたしてもズバリな答えをくれた。「フルフェイスでは暑くて被っていられませんよ」。その場では、そうか、それはそうだと思ったのだが、日本に戻って同じくやたら暑いインドやインドネシアの街の写真を見ると、少なからぬ数のフルフェイスヘルメットが見つかるではないか。この辺りは、実用上(安全上)の問題なのか、見た目の問題なのか。今度、熱帯の国でフルフェイスのバイク乗りを見つけたら聞いてみよう。

話がそれたが、ベトナムではハーフタイプ限定でありながらも、色が多彩で、模様をペイント(シール貼り?)したり、意外とバラエティに富んでいる。白塗りのシンプルな(日本ではあまり見かけなくなったような)ヘルメットも沢山見かけるが、ベースボールキャップを模した形状、マットな塗装/表面加工、布地の貼り付けなど、日本ではあまり見かけないようなタイプのものも多かった。

ベトナムのヘルメットはバラエティ豊か.jpg
触ったら柔らかそうに見えるヘルメットも・・・

ベースボールキャップ風ヘルメット.jpg
ナイキのベースボールキャップ風ヘルメット。最初は自作かと思ったが同じものを何度も見かけたので量産品のようだ。正規品?

3. マスク

これは第一には排気ガス対策だと思うが、個人的には日焼け対策も兼ねていると思う。マスクの面積が大きく、女性の装着率の方が高かった。いわゆる医療用?のマスクも見かけたが、柄モノ・キャラクターモノが多かった。ファッションの一部となっているようだ。

女性のマスク率は高くファッションの一部に.jpg
女性はマスク率高し。色・柄は様々。

韓国のキャラクターPuccaのマスク.jpg
韓国のキャラクター、Puccaのマスク。

4. 美白

ここベトナムでも美白志向は強いようである。スクーターに乗る女性の大半が日焼け対策をしていた。具体的には、
・ 長袖(腕が日焼けないように。)
・ フードを被る(首筋が日焼けしないように。)
・ 面積の広いマスク(顔が日焼けしないように。首までカバーするマスクもある)
・ 手袋(手を日焼けしないように。)
・ 長ズボン・長スカート(パンツ着用率高し。特にスリムジーンズ。)
・ サングラス(兼シールド代わり?)
といったところであるが、これら全てをキッチリやっている人は意外と少数で、どこかお留守になっている人が多かったのが可笑しい。
メジロさんは、フルフェイスヘルメットは暑くて被っていられないと言っていたが、高温多湿のベトナムでこういった格好をするのもさぞかし暑かろうと思う。美白願望が暑さを凌ぐのだろうか。

顔までマスクですっぽり覆う女性たち.jpg
こんな感じで顔まですっぽり覆われている人は多い。

美白のためなら完全防備.jpg
手前の女性は完全防備。奥の女性は少数派。

5. 雨ニモ負ケズ

筆者がベトナムを訪問した9月は雨期にあたり、実際よく雨が降っていた。ホーチミンの雨期は、スコール的な雨ではなく、長い時間、しとしと降り続ける。しかしながら、傘をささない人をよく見かける。いちいち傘をさしてはおれぬ、ということのようで、メジロさん曰く「傘をさしている人を見ると、地元民じゃないなって思ってしまいます」。

とはいえ、結構な雨量である。さすがに雨の日はバイクの量が減るのだろうと思いきや、全然そんなことはなく、ホーチミンの皆さんは、常備しているのであろう、ハンドルまですっぽり覆ってしまえる雨合羽を被って走っていた。

スクーター用雨合羽.jpg
スクーターに適した形状の雨合羽。

街角に干された雨合羽.jpg
雨あがりの街角にて。雨合羽を吊るして干していた。

現地では閃かなかったが、スクーターに人気が集まる一因は、足まで容易に防水できることにもあるのではなかろうか。その国・地域に適したデザインを考えるときは気候風土も大事だなと思った次第である。

Posted by Ozawa

Financial Officer

左脳をフル活用し、トリニティメンバーをバックアップ。トリニティ・ストラテジー・インディア設立時の立役者。

2013年 10月 24日 | その他 | Posted by Yamaguchi

弊社オリジナルプログラム「新興国ワークショップマラソンプログラム」が2013/10/13(金)から10/20(金)に実施されました。

本プログラムは、前年のインドと中国に引き続き、タイとインドネシアの2か国に短期滞在し、現地の「生」の価値観や実情を体験、比較することができる参加型
プログラムです。

昨今新興国の情報は比較的よく知られるようにはなりましたが、現地に行って直接見聞きし、その国のトレンドを牽引する若者と討論する経験はなお貴重であり、
新興国に向けたリアルな商品/デザイン開発のヒントを得る事ができます。

今回もマルチクライアント形式で行われ、参加企業は4社、参加者は5名と前回よりも少ない人数でしたが、非常に密度が濃く、フォーカスのある活動ができました。

プログラム内容は、タイのバンコクとインドネシアのジャカルタの2か国を1週間の過酷なスケジュールで回り、各国の次世代を担う若手デザイナーと英語でのディスカッションや現地視察を共に行い、そこから彼らの文化や日本の価値観との違い、共通性を体感する~というものです。

今回の工程を通じて共にワークショップの行った2ヶ国の現地参加者の気質の違いからも、「その国らしさ」の一端を垣間見る事が出来ました。

まずタイの参加者は皆様とにかく元気。ワークショップ中は自分が前へ前へ、
という人ばかりで、人の意見を気にかけず、自分の意見を堂々と主張。
「わたしはこう思う」と発言したい気力満載で、ディスカッションはかなりの時間
オーバーとなりました。

一方でインドネシアの参加者はかなり控えめ。意見を求めても
「~だと思う。このような状況では。」等と必ず逃げ道のある表現を用い、断定はしません。懇親会でもはじめはアルコールを飲まず、
「ムスリムの国だな」と思っていたら、何のことはない、すぐ翌日には「ビヤガーデン」で楽しくビールを飲んでいました。インドネシアは比較すればイスラムの
戒律は柔軟な国として有名です。

タイは通貨危機を経験しているためもあってか、外貨の獲得に前向きで、どちらかと言えば外需志向。自ら動く姿勢が強く、また植民地にされた歴史もありません。

一方、インドネシアは豊富な資源もあり内需志向。占領が繰り返される度に
強制された価値観や文化をアレンジし、それを重ねて自国文化を形成してきた歴史です。

ネットの影響で世界中の若者が同質化してきている、との見方もあるようですが、今回の各国の現地参加者から滲み出る雰囲気と各国の歴史や背景がまだまだかなりシンクロしているようで、とても興味深く感じました。


これはほんの一例に過ぎませんが、このプログラムの中で自分の肌で現地を感じ、
自ら新たな「気づき」を掴みとってみませんか?

次回はインド・インドネシアにて、2014年の2月の実施を予定しています。
ご興味がある方は、是非参加をご検討下さい!

タイの若者とワークショップ風景.jpg
タイでのワークショップの一コマ。終始盛り上がり、着席者は皆無。

帰国後報告会.JPG
ご参加企業各社の上司を集めて、これまでの成果をプレゼンテーション。参加者が自らの肌で感じた現地感覚を基に、斬新な視点からの発言が盛り沢山な内容となりました。

日本タイインドネシアの基質の違い.jpg
今回、日本、タイ、インドネシアを比較した最終結論の一つ。意味を知りたい方は是非ご一報を!

Posted by Yamaguchi

Producer

トリニティ唯一の体育会系。運動で培った精神で、思い立ったらすぐ実行!新興国リサーチ業務でも、インド、インドネシアを中心に"足で稼ぐ"タイプ。

2013年 09月 26日 | VIETNAM | Posted by Ozawa

ベトナムのホーチミン市は、数日間の滞在経験だけで言わせてもらうならば、落ち着いた清潔な街という印象。新興国特有のエネルギーに溢れてはいるのだが、猥雑という感じはあまりせず、全体的に落ち着いた佇まいがあった。

初めて訪れる街の印象がどこから来るかといえば、筆者が思うにそれは、看板の色使いであったり、人々が話す声のトーンであったり、匂い(時として臭い)であったり、服装であったり、運転マナーであったり。

清潔とは言っても、トイレとカウンターが一体となった路上の簡易カフェのような、われわれ日本人にとっては衛生的なのか不衛生なのか、よく分からない不思議なモノがあったりもする。

カウンターとトイレが一体のホーチミン簡易カフェ.jpg
カウンターとトイレが一体?になった簡易カフェ。奥に見える扉2つは物置スペースではなくトイレ。換気扇まで付いているようだが・・・

そんなことを考えつつ、車の中からバイクの群れを見ていて、ふと、これだけ沢山の若い人がバイクに乗っているのだから、中にはやんちゃをするというか、「とがっている」連中がいやしないのだろうか~と思ったのだが、どうもいないようである。社会主義国家だったがゆえ、社会に唾する暴走族のような輩はすぐにお縄になってしまうのだろうか・・・と、その時あるものが目に入ってきた。壁の落書きである。

その後も壁に注目していると、市内のところどころ、壁に落書きがされている。殆どが単色のスプレーで書かれた文字。ベトナム語はラテン文字を使うからか、字体はどこかで見たようなストリート系な感じ。大がかりな落書きはなく、絵は殆ど見なかった。こう言っては何だが、ワルぶった中高生のいたずらレベル。

ホーチミンの落書きスタイル.jpg
字体には一応のスタイルがあるようだ。

ホーチミンのサイケ文字な落書き.jpg
サイケ文字も。

とすると、やっぱり悪ガキ連中の仕業じゃないか。さっそく通訳のメジロさんに聞くと「(そんなのは)いませんよ」とのこと。「じゃあ、メジロさんは落書きをどう思う?」と聞いたところ、彼女は落書きを非常にポジティブなものとして評価していて、アートの一種だと言わんばかりの評価をしていた。彼女は国立大学で外国語を学ぶ学生さんなのでベトナム人の平均像とは言えないかもしれないが、そういう受け止め方をする事に新鮮な驚きを感じた。

そんな会話の折、車中から壁ばかり見ていると、電話番号らしき落書き?があちこちに書いてあることに気がついた。何か特定の業者の電話番号かなと思ったのだが、よそ様の壁に勝手に書くなんて逆に商売上の信用を無くすのではないか。そこで確認したところ、営業目的というのは正解だったけど、何と解体業者の電話番号だった。要は、こちらの建物を壊す時は是非ご用命を、という事だ。そう聞くと、なんだかその壁が古く見えてくるから不思議だ。

落書きと解体業者の電話番号に共通するのは、昔電話ボックスによく貼られていたピンクチラシのようにびっしりと溢れているのではなく、適度にポツンポツンと存在していること。そんなところもベトナムっぽいなと思った。

ホーチミンの壁には解体業者の電話番号が.jpg

幼稚園などの子供向け施設があるところは、看板が読めずとも壁のペインティングを見ればすぐに分かる。車やバイクを運転している人に無意識に注意させる効果があるのかなと思った。

ホーチミンの幼稚園壁面.jpg
いかにも子供向けの施設だと判るペインティング。なぜか塀の壁だけがカラフルだったりする。

壁面緑化と言ったらよいのか、こんな緑化された通りもあった。手入れがお留守な感じが少し残念だったが。囲いに写真が貼られた工事現場があったり、景観を少しでも改善しようとしているのだなと感心した。

ホーチミンの壁面緑化.jpg
ほんの一区画だけ、垂直緑化。

ホーチミンの工事現場仮囲いの写真.jpg
工事現場の囲い。主旨はよく分からないが、世界各国の風景写真が。

そんなこんなで、壁を眺めているだけでもその場所の特徴が見えてくるものだなと思ったベトナム道中であった。

Posted by Ozawa

Financial Officer

左脳をフル活用し、トリニティメンバーをバックアップ。トリニティ・ストラテジー・インディア設立時の立役者。

2013年 09月 10日 | その他 | Posted by Yuasa

このたび、弊社のデリーのメンバーが、CII 主催の「インド・イノベーティブ・
省エネルギー大賞」を受賞した。
なんと、マルチ機能のソーラーLEDランタンがその大賞受賞プロダクト。

写真でもわかるように、従来の「ランタン」のイメージを一掃し、デザイン言語を組み替えている。しかもこの製品のユーザー対象はインドの農村部の人たちなので非常に保守的でもあることから「ランタン」のアーキタイプからは逸脱しない表現としている。

*CIIとは、製造業やエネルギー関連のサービスも含めたインドの業界団体。
 彼らが、省エネルギーに貢献する「製品&サービス」を対象にコンペティションを
 行っている。

1_SolarLanternCharging_layout.jpg

インド人女性とランタンre.jpg

■農村部に暮らす人たちのランタンへの想い
私達にとって「ランタン」は、キャンプに行く時や防災グッズアイテムとしてお世話になるくらいで、決して日常にあるものではない。よってなかなかピンと来ないのだが、インドの農村部では、朝昼晩と屋内、屋外で、日常的に明かりを灯す道具であるゆえに「心のよりどころ」ともいえる。

従来のランタン.jpg

インド農村部では照明はすべての住宅にインフラとして付帯しているわけではなく
明かりのとれない部屋もあったり、あるいは細かな作業や勉強するには照度が不足する場合も多々ある。また、居住する家以外に納屋があったり或いは、家にトイレがなくて、外で用をたす場合などには、このような移動式の光源が必須。

そんなランタン製品は現在オイル式からLEDへとバージョンアップしているのだが
今回ハリ氏が手がけたランタンは5つの機能を持ち得た製品で、テーブルランプ、
移動してどこにも設置、ハンギング、手持ち、携帯チャージ可能~の5つのマルチファンクションになっている。

RoomLamp_and_SolarBulb.jpg
1.ルームランプ         2.ポータブルランタン

ソーラー懐中電灯jpg.jpg
3.懐中電灯

吊り下げ式電灯re.jpg
4.吊り下げ式電灯

ソーラーランタン2re.jpg
5.モバイルバッテリー

加えて、この製品は、プラスチックの使用量を減らし、生産コストを20%も
軽減することに成功し、売値では、Rs1000(日本円で1700円前後)・・・
まさにイノベーティブな逸品。

■受賞にあたって、デザイナー「ハリ キシャナン ナラン」氏は・・・

「デザインによってプロダクトイノベーションが実現できることがまたひとつ証明された。このLEDランタンによって農村部の生活スタイルも変わるものと思う。
日常におけるランタンは陽が降りた後の長い時間の「家族のよりどころ」となる。それを見える化するために、光源が素直に大きく見えること、頑丈なフォルムに
意識して決して洗練させすぎないことを狙った。」

hari-san_3rere.jpg
ハリ キシャナン ナラン氏

今回、ハリ氏にデザインを依頼して省エネルギー大賞に応募を促したのはIOCL
というインド最大の石油会社。その石油会社が「デザイン」によって省エネルギーに貢献する、クリーンでサスティナブルな企業イメージへ脱却しようとしているのが伺える。

弊社では、2年間にインド都市圏で「エコ意識」の調査をした時は、上位中間層でも、エコや省エネ、環境問題には関心は薄いという結果だったのに・・・
やはり、スピード早い新興国。成長率の鈍化がメディアで叫ばれつつも、私達よりずっとずっと意識変革のスピードは高速なのだと実感した。

ハリ・キシャナン・ナラン氏
プロダクトデザイン会社「THINKDESIGN」代表。
インドでもっとも歴史のあるNID大学を卒業後、独立。
現在は、トリニティとの合弁会社である、デザインリサーチ会社のトリニティ・ストラテジー・
インディア社の代表も努め、同社ではインド全土での市場調査、デザイン調査、有識者調査、
B2B調査などを推進する。

Posted by Yuasa

Trinity COO

トリニティ代表。日本のデザインポテンシャルの向上の為、持てる気力・体力・知力を尽くして新興国を飛び回る日々。

2013年 09月 10日 | VIETNAM | Posted by Yuasa

ホーチミンの、とあるベジタリアンレストラン。
客層は中間層、あるいはそれ以上。
そして(たまたまだろうが)ベトナムでは著名なお笑い芸人も見かける。

ホーチミン市内のベジタリアンレストラン.jpg
ホーチミンのベジタリアンレストラン。インテリアも健康志向よろしく、明るく爽やか

ご存じの通り、インドに比べてもこの国のベジタリアンはかなり少ない。
とはいえ、宗教要因のみならず、健康指向、美容願望によるベジタリアンは
最近増えているのだそう。

見回すと客層も、ちょっと私は違うのよ~
っていうオーラも出ているのは気のせいか...。

ベトナムはおよそ8割が仏教徒。
そして、毎月1日と15日は菜食にするのが仏教徒の慣わしなんだとか。

そして、それとは無関係に野菜で美容と健康を願う中間層が
急増していたのである。

ホーチミン市内のベジタリアンレストラン:肉ではなくお豆腐.jpg
肉を模した料理。実はお豆腐。精進料理に近しいアプローチ

ホーチミン市内のベジタリアンレストラン:ココナッツの中身はスープ.jpg
ココナッツをくりぬいた中身のスープは具沢山の野菜スープ

ホーチミン市内のベジタリアンレストラン:フルーツジュースは絞りたて.jpg
フルーツジュースは絞りたて

しかし未だ、その野菜を無農薬で...という意識はなく、
スーパーに行ってもインドや中国のように無農薬コーナーは見かけない。

ネットで無農薬野菜や食材を買う習慣もまだないが、
それも経済発展と世界の均質化の流れとともに、時間の問題かもしれない。
ベジタリアンやオーガニックフードの浸透度合いは、
「豊かさを図るものさし」になることもありますね。

Posted by Yuasa

Trinity COO

トリニティ代表。日本のデザインポテンシャルの向上の為、持てる気力・体力・知力を尽くして新興国を飛び回る日々。

1  2  3  4

トリニティについて

先進国・新興国のデザインリサーチ及びデザイン開発によって、日本企業の海外での成功に貢献致します。
http://trinitydesign.jp/

info@trinitydesign.jp


海外提携会社の詳細はこちらをご覧下さい。