2013年 04月 19日 | INDONESIA | Posted by Yuasa

うっかりしていたら、ジャカルタのインテリアがかなりカッコ良くなっていた。

ジャカルタの青山と云われるフマン地区のインテリアショップ.jpg
ジャカルタの青山と云われる、フマン地区のインテリアショップ

無論、施工や質感などは近くに寄ると...「残念」なところもあるが、デザイン感性はお見事という他ない。

また、インドネシアではまだ職人が腕を振るっていて、施工が残念といっても低いレベルではなく、中国のように 「張りぼて感」は全くない。

Morrissey Serviced Apartment.jpg
宿泊したホテル、Morrissey Serviced Apartment。デザイナーはジャカルタ出身とのこと

今回、ジャカルタで活躍している、ラウル氏の建築・インテリアオフィス、Raul Renanda Designを訪ねた。

ジャカルタの建築・インテリアオフィス_01.jpg
ラウル氏のスタジオ

ジャカルタの建築・インテリアオフィス_02.jpg
ミッドセンチュリーの家具が並ぶ

その際、彼の方から、

「日本や中国では職人の存在が高度経済成長の過程で薄れてしまったけれど、
インドネシアこそはそれを反面教師として、国内の職人技術をふんだんに活かし、
モダンデザインと匠の技でデザインの価値を引き上げたい」

との、熱い想いを語ってくれた。

インドネシアのこの勢いの中で、デザイナーや建築家が職人とどう協業できるか...
これからのジャカルタが非常に楽しみになった。

Posted by Yuasa

Trinity COO

トリニティ代表。日本のデザインポテンシャルの向上の為、持てる気力・体力・知力を尽くして新興国を飛び回る日々。

Trackback[0]

http://blog.trinitydesign.jp/mt-tb.cgi/47

Comments[0]

名前
E-mail
URL

※メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントは管理者が公開するまで表示されません。

トリニティについて

先進国・新興国のデザインリサーチ及びデザイン開発によって、日本企業の海外での成功に貢献致します。
http://trinitydesign.jp/

info@trinitydesign.jp


海外提携会社の詳細はこちらをご覧下さい。

​ ​