1  2  3

2014年 12月 29日 | その他 | Posted by ブログ管理者

福祉・介護の現場で働く方を毎回ゲストに招き、現場の悩みや問題など赤裸々に語って頂く「話題提供」と、そこから得た気づきをもとに参加者全員で課題解決アイデアの創出に挑む「ワークショップ」とを組み合わせた、「福祉アイデアソン」も、今回で4回目となった。

(過去のワークショップの実施内容はこちらの記事をごらんください。)

11/21に開催された第4回福祉×デザインアイデアソンでは、話題提供者としてソーシャルワーカーをつとめる網代祐介さんをお招きした。網代さんが勤務するのは、皆さんもご存知の、あの「亀田メディカルセンター」。南房総というロケーション、医療業界の常識を覆す施策の数々で常に話題に事欠かない医療機関でのお話が聞けるとあって、参加者も皆興味津々。

網代祐介さん2.jpg
亀田メディカルセンターのソーシャルメディカルワーカー網代祐介さん。
「2025年まであと10年!ソーシャルワーカーから見た在宅介護現場の課題」
というお題でシビアな問題についても率直にお話頂いた。

当日は、自動車関係、エレクトロニクス関係のデザイナー、商品企画の方などが多数ご参加。アイデアソンの冒頭、まずは網代さんから現場でのエピソードを色々語って頂いたので、今回、そのお話の要旨をここに掲載したいと思う。

ソーシャルワーカーの仕事は、入院患者さんの"その後"にまつわる仕事がほとんどだ。
退院して元に生活に戻れる方ではなく、退院してももう入院前の生活に戻れない、といった方に必要な支援策を示し、退院支援を行う業務が9割を占めるという。

その「支援」内容は実に様々で、認知症を発症している方の今後の財産管理をどうするか、誤った認識から病院側の受け入れが困難になっているHIV感染者をどうするか、親族の介護疲れをどう防ぐか等、時に患者さんの勤める職場との調整から、社会復帰支援、受診支援、治療選択、そして経済的問題、家庭の問題までに及ぶ。

これほどの激務だが、網代さんの現場ではソーシャルワーカーの割合はおおよそ50床に1人。もっとも、一般的には200床に1人さえ確保するのが困難な状況だそうだ。
一方で、ソーシャルワーカーの仕事の重要性は今後一層、高まりつつある。

それは高齢化と出生率の低下による人口減少により、2025年には東京だけでも20,000床以上のベッドが不足し、救急車がたらい回し...という日がすぐそこまで迫ってきているからだ。医療費の枯渇による保険制度の崩壊の予兆とも相まって、ますます在宅介護の重要性は高まっている。

そんな過酷な現場から、唯一救いのあるエピソードもご披露頂いた。
80代のある難病末期の患者さんのケースだが、既に余命いくばくもない...という状態だった。その患者さんの強い想いは「最期は自宅で迎えたい」というもの。
そして、ご家族もなんとかしてその願いを叶えてあげたいと考えていた。そこで病院側がご家族を全面的にバックアップする形で、患者さんを退院させようということになった。自宅でご家族が面倒をみられるように、病院側ではそのご家族に個別にレクチャーを行うなど、在宅での介護体制を整え患者さんは退院。二週間という時間を自宅でご家族と共に過ごされ、そのまま看取られたそうだ。
ソーシャルワーカーを中心としたチームワークのおかげで患者さんご本人、そしてご家族の思いを叶えることができた...というケース。

ソーシャルワーカーに期待されている役割とは、時に人生の結末までを見据えた、本当のクオリティ・オブ・ライフを実現することと網代さんは言い切る。

網代さんのエピソードの後は、「逆ブレスト」の参加者のワーク。あえて福祉の現場に「マイナス」に作用するサービスのアイデアを考えてみて、それを逆転させてみるというもの。発想の転換につながるので、思いがけないアイデアが出ることも。

逆ブレストre2.jpg
あえてマイナスから考える「逆ブレスト」。
ワークショップでは、楽しんでもらうための仕掛けが色々。

ここで出たアイデアを基に2人1組で1セット4分、意見交換を行う「スピードストーミング」。参加メンバーで気付きを共有し合う。

これを5セット繰り返したのち、最終的に自分のアイデアをシートに書き出していき、皆で更に共有。

介護現場を改善させるアイデアが並ぶre2.jpg
アイデアシートの数々。現場の生の声を共有した後は短時間でもこれだけのアイデアが出揃う。

市場の変容により、福祉や介護の問題に取り組み始める組織や担当者は多いが、現場の経験が十分でないためにリアリティをもってワークに臨めない、という現実があるのではないだろうか。
そんな方にこそ現場の"生"の声を聞き、そこから"発想"する福祉×デザイン・アイデアソンを体感してほしいとと思う。

来年も引続き複数回の実施を予定。
詳細は決まり次第、またこちらのブログに掲載するので、ぜひ次回のご参加を!
募集は定員になり次第、締め切らせて頂きます。

お問い合わせはinfo@trinitydesign.jp
トリニティ・セミナー運営事務局(担当:岡村)まで

Posted by ブログ管理者

2014年 12月 01日 | BRAZIL | Posted by Fukazawa

2014年10月26日、ブラジルでは大統領選挙(決選投票)が行われた。
結果、現職のジルマ・ルセフ大統領が、最大野党である社会民主党党首のアエシオ・ネーベス氏を僅差で破り再選した。
ちなみに、ジルマ氏はブラジル史上初めての女性大統領でもある。

この大統領選選挙の前後、ちょうどサンパウロに滞在していたのだが、
現地で働く日本人のメディア関係者から、社会民主党時代の経済的不安定さを考えると、今の方がまし、ということでジルマ氏が再選するのでは、と聞かされていたのだがその通りの結果となった。

ただ、私が興味を持ったのはブラジル国民の選挙に対する関心の高さである。
選挙の前日には、多くの人が支援する候補者を鼓舞するがごとく、
候補者のシールを張って街を歩いているのだが、これには驚いた。

01-1サンパウロ_候補者シールをはるカップル.JPG
サンパウロ市内の本屋にいた背中にアエシオ氏支持のシールを張ったカップル

01-2サンパウロ_候補者シールをはる女性.JPG
同じ本屋にいた女性。こちらもアエシオ氏支持のシールを張っている

02ジルマ氏支持シールLGBT.JPG
サンパウロ市内の道路に落ちていた、ジルマ氏を支持するシール。
LGBT(セクシャル・マイノリティ)コミュニティであることを示すレインボーパターン

これ以外でも、候補者の旗を掲げて走る自動車に対し、
同じ候補者を支援する人が、拍手を送るという風景も目にした。

なぜブラジルでは選挙に対してこのような熱気があるのだろうか?

そもそもブラジルでは義務投票制が採用されており、
理由なく棄権すると罰金・罰則がある与えられ、
その罰則自体もパスポートがやビザが取れなくなったりと、
社会生活上、大きな影響があるものとなっている。

日本ではなじみの薄い義務投票制だが、
どうやら、世界的にはオーストラリアやシンガポール、ベルギー等、
一定数の国と地域で採用されているようだ。

もちろん義務投票制自体、賛否両論あり、
任意投票制と比較して優劣をつけることは難しい。
義務だから致し方ない、という態度の人々もいるだろう。

ただ、自国の未来を占う選挙に対し、
高い関心を持ち、積極的に参加している大勢の人々を見ていると、
なんだか、大きなエネルギーと共に国自体が動いているように感じられ、
少し羨ましく思えたのである。

2016年には、ブラジル第2の都市であるリオデジャネイロで
オリンピックが開催され、2020年には東京でオリンピックが開催される。

出来れば、今の東京にはちょっと不釣り合いぐらいのエネルギーをリオから受けとり、2020年の東京を大きく変化させるきっかけを、皆様と一緒に創っていきたいものである。

Posted by Fukazawa

Design Producer

海外のデザイン・トレンドの事情通。トルコやブラジルなど、新興国の情報収集に余念がない。

2014年 11月 14日 | CHINA | Posted by Kikuchi

「シルバーvsゴールド」メタリックカラーの嗜好の違い。
これは文化と流行が影響する壮大なテーマです。
時代の牽引にはファッショントレンドも関係しますが、そもそも我々日本人にとってメタリックカラーは、対象物にもよるけれど、「さりげないラメ、パール表現による洗練された高級感、グレード感」が好まれるという印象。やや非日常的な感覚もあります。
一方で、中国人にとっての「ゴールド」は、特別なものというよりも「日常にある色の選択肢の一つ」という感覚だそうで、「ゴールド=好き!」という感じらしい。

中国の人、数人に対して金属色の嗜好性を聞いたところ、「製品を買うとき、選択肢がシルバーとゴールドなら断然ゴールドを選ぶ」という答えが返ってきたのが印象的でした。

たとえば、iPhone5s発売後、中国人同士でゴールドのiPhoneを選んでいない友達がいたら、「なんでゴールドを買わなかったの?」というコミュニケーションがあったほど。日本人にはそのやり取りは無いように感じます。むしろ、ゴールドの製品を選んだ人に対しては、「なんでシルバーじゃなくてゴールドなの?」という質問をしている気がします。

このシルバー嗜好は、日本人の白嗜好の延長なのでしょうか。あっさりした感じを好む傾向がありますよね。
余談ですが、メタリックカラーについては、apple社がApple Watchを発売した影響で、ピンクゴールドやカッパーにも注目が集まると噂されています。

iPhone5sand6.jpg
iPhone5sと6のゴールド
出典:Gizmode
http://www.gizmodo.jp/2014/09/iphone6_5.html

AppleWatchSeries.jpg
注目のApple Watch(2015年発売)「Apple Watch EDITION」は中国人にどう評価されるのか。
出典:http://mashable.com/category/smartwatch/

いずれにしても、このゴールドの嗜好については、光かたや、粒子の大きさも大切です。
ギラギラに光っているのは有りなのか、さらっとした軽いメタリック感はあっさりしていて嫌なのかが気になるところ。

その辺を聞いてみると、若者やモダンテイストを好む人には、ギラギラしすぎるものは嫌がられる傾向がありました。
さらりとしたラメ感のベージュをベースにしたゴールドを「ラグジュアリー」と呼んで好んだり。
中国の人にとって「ステータス感」を伝える手段にもゴールドが象徴されるようです。ただし、こればかりは住んでいる地域や世代によって一概に言えないので、注意が必要。

いずれにせよ、ゴールドの嗜好に関してはとても興味深く、時代性と消費者の嗜好性の変化を追い続けなくてはと思う中国での滞在でした。

Posted by Kikuchi

Researcher

カラーデザイン(CMF)のプリンセス。
上海はじめ海外ネットワーク醸成中!

2014年 11月 05日 | セミナー・お知らせ | Posted by ブログ管理者

おかげさまで福祉×デザイン"アイデアソン"セミナーも第4回目となりました。
これもご参加くださった皆様のおかげ!どうもありがとうございます。
今回は11/21(金)の16:00~より開催します。
ぜひぜひ、ご参加くださいませ。ご応募お待ちしています。

詳細は下記のとおりです。

----------------------------------------------------------------------------
介護の問題は、暮らしそのものの問題でもあります。
その意味で、私達には暮らしを『トータルに見る』視点が必要です。
特に、人と環境という観点から、ミクロ・メゾ・マクロを同時に見て、
現実の問題の本質を捉える力が求められています。

こうした視点は"デザイン"の専門性に親和性が強く、
また同時に、ソーシャルワークにも同様の視点があります。

今回、話題提供者としてお招きするのは
トリニティのΠ(パイ)型モニター(※)の一人で、
ソーシャルワーカーの網代祐介さんです。

今回はソーシャルワークの視点から介護現場の課題に迫ります。
網代さんがソーシャルワーカーとして見てきた様々な問題ケースを
参加者全員で共有し、実際に介護を受ける方や、
その家族の抱える課題の解決に必要な
サービスや商品アイデアを検討します。

福祉・介護の現場では今、何が求められていて、
それはどういった技術や商品、サービスで解決が可能なのか。
これまでの福祉・介護現場では用いられていない視点や
アイデアを応用することはできないのか。

これからの超高齢社会のために、
共創型のワークショップを通じて、
参加者同士が"繋がり"、そこから生じる"コミュニケーション"から
新たなイノベーションの種を見つける、創発の場となることを期待します。

※Π型(パイ型)モニターとは...
ソーシャルワーカーを中心に福祉事業を展開する、
専門家達のネットワーク。単一分野の専門家ではなく、
複数の専門性を知る現場プレイヤーであるプラクティター(実践家)で
構成されている為、業界や現場の状況・モノやサービスに対して、
的確かつ包括的な経験をフィードバックすることができる。

◆プログラム概要(全3時間)
・挨拶&参加者の自己紹介(20分)
・福祉現場の"今"(40分)
・アイデアソン(120分 内、休憩1回)

◆話題提供者 網代祐介 ソーシャルワーカー
1982年生まれ。千葉県出身。2005年淑徳大学社会学部社会福祉学科卒。
2005年亀田メディカルセンターにMSWとして入職。
千葉県医療社会事業協会理事。
2013年多摩大学大学院経営情報学研究科博士前期課程在学中。
2014年Awa Social work Consortium設立。
ソーシャルワークの本質はミクロにあるが、現場のMSWは多忙ゆえに目の前のミクロの対応に追われて狭いフィールドでしか活躍できていないことに違和感を覚え、MBAに進学。メゾ・マクロを同時に思考する広い視野と、社会福祉課程では教育されないデザイン思考など(MSW×MBA)をもとに、MSWだからこそ見出せる社会課題へのソリューションにチャレンジしている。

◆ファシリテーター 須藤 順
(株)CCL取締役・コミュニティデザイナー
トリニティ(株)ソーシャル・ケア・デザイナー
1981年生まれ。博士(経営経済学)、社会福祉士。
(独)中小企業基盤整備機構 経営支援情報センター リサーチャー。
メディカルソーシャルワーカーとして勤務後、医療難民向けのリハビリ施設の立ち上げと経営に参画すると共に、障害者福祉施設のコンサルティング等に従事。その後、コミュニティビジネス/ソーシャルビジネス支援や人材育成、農商工連携/着地型観光/グリーンツーリズム支援、地域行政のコンサルティング、ICTを活用した街づくり等のサポートを全国で展開している。
「すべての人・組織・地域の主体性の創造」を目指して活動を続けている。

◆想定対象者
今後、医療・福祉市場でデザイン・商品企画・マーケティング活動を行う方々。

◆実施概要
開催日時:2014年11月21日(金)
16:00~19:00(3時間)
申込締切:2014年11月14日(金)
会場:トリニティ会議室(東京都千代田区)
http://trinitydesign.jp/companyinfo
参加費:当日現金お支払い 5,000円(税込/1名様)
定員:8名
※お申込多数の場合は抽選とさせて頂く場合がございます。

■各セミナー・勉強会のご応募について
下記欄に必要事項を記載の上、
info@trinitydesign.jpまでご連絡ください。

【応募フォーム】
***************************************************************
◇参加希望セミナー・勉強会名:
◇貴社名:
◇ご参加者様名:
◇所属部署名:
◇現在の業務とご応募されるセミナー・勉強会内容との関わりについて:
◇ご連絡先(メールアドレス):
***************************************************************

Posted by ブログ管理者

2014年 10月 08日 | その他 | Posted by Yamaguchi

弊社オリジナルプログラム「新興国ワークショップマラソンプログラム」が2014年6月頭から9月末の4ヶ月間(現地視察は8月1日~8日)に実施されました。

本プログラムは、第1回目のインド/中国、第2回目のインドネシア/タイに引き続き、インドとインドネシアの2か国に短期滞在し、現地の「生」の価値観や実情を体験、比較することができる参加型プログラムです。

昨今新興国の情報は比較的よく知られるようにはなりましたが、現地に行って直接見聞きし、その国のトレンドを牽引する若者と討論する経験はなお貴重であり、新興国に向けたリアルな商品/デザイン開発のヒントを得る事ができます。

今回もマルチクライアント形式で行われ、5社5名の参加者の方々と非常に密度の濃い活動ができました。

プログラム内容は、インドのニューデリーとインドネシアのジャカルタの2か国を1週間の過酷なスケジュールで回り、各国の次世代を担う若手デザイナーとのディスカッションや現地視察を行い、そこから彼らの文化や日本の価値観との違い、共通性を体感する~というものです。

インドネシアでのワークショップ風景img.jpg
インドネシアでのWS風景。「人気のモノ・コトシート」を基に、両国の価値観に関する白熱した議論が交わされた。

今回からは新たにWS参加者の家庭訪問も加え、より深く現地の生の情報に触れてもらえる機会を設けました。

インドでの家庭訪問の様子img.jpg
インドでは両親と同居している若者夫婦宅を、インドネシアでは若手起業家女性宅を訪問。両者とも直前のWSの現地参加メンバーであり、彼らの性格や素性を知った上での家庭訪問により、深い理解を得ることが出来た。


また今回は第1回、第2回目でそれぞれ行った国への再訪問という事もあり、
私自身過去1~2年前との比較も行うことが出来ました。

例えば新興国において、数年前から注目すべき「健康志向」の変化。
インドネシアでは現在、学生や主婦等の「個人」が作って売り歩く「無添加フルーツジュース」が大人気。保存料が入っていないのですぐに飲めなくなってしまうのですが、逆にそれが「ピュアな証拠」としてプラスに受け取られているとのこと。「大企業が発売するものには必ず添加物が入っているので体には良くない」との意見も聞かれました。

インドネシアの無添加ジュース.jpg

日本ではいくら「無添加が良い」といっても、大企業の提供する「安心/安全」より無名の個人が提供する「無添加」を優先する事は考えにくいですが、インドネシアでは「企業と個人の信頼度」が日本の認識と異なるようで、わりと幅広い層に受け入れられているようです。

このような例からも分かるように、これまでは主に富裕層向けオーガニック食品やフィットネスジムが増えてきた~等、「先進国的な価値観がどの程度浸透してきたか」という基準で見てこれた変化でしたが、既に「先進国同等もしくはそれ以上」のこだわり商品も社会に受け入れられてきている一面も見えてきました。

これがどの程度継続して社会に定着して行くものなのか~は今後の更なる動向を見守る必要がありますが、経年変化を追い、常に情報のアップデートを行う事の重要さと、「先進国レベルか否か」という比較軸の見直しの必要性を痛感しました。

また今回は現地の参加者からも多数感想を頂きました。
以下一部ご紹介まで。

---------------------------------------------------------------------------------------

<インド>
■Kartik (31歳 男性、自動車部品メーカー研究開発部・副部長。現地WS参加メンバーであり、今回の家庭訪問先。)
I appreciate the well laid out plan for the workshop and the clear agenda that we had. It reinforced my belief if Japanese culture of perfection even further. The interaction with each and every member from your team was fun and a learning experience at the same time. To know someone from the same age group living a few thousand kilometres away and leading a life similar (well, almost!) to ours is indeed intriguing. It was also interesting to know what is the "in thing" in Japan these days. I was amazed by the homework you had done by pasting cards on the big chart paper, categorising the points, etc. it was impeccable.
綿密に練られたワークショップと明確な議題は、完璧さを追求する日本文化の印象を更に強めました。日本人参加者との交流もとても楽しく、学ぶ機会を与えてくれた有意義な体験でした。遠い国に住む同年代が(ほぼ?)似たような生活を送っている事はとても興味深く、日本の流行を学ぶ事も魅力的でした。大きな模造紙にポストイットがカテゴリー別に張り付けられた、日本チームの宿題の細かさには驚きました。

Frankly, I was apprehensive about so many people visiting my home as I wasnt sure if you'd be comfortable. But I really liked the friendliness with which you all approached my family and my family felt the same too. I hope we were able to give you some fond memories to carry back with you.
家庭訪問は、正直なところちょっと心配でした。心地好く寛いで頂けるかと。しかし、とてもフレンドリーに家族に接していただき、家族も安心してお迎えすることができました。日本に持ち帰ってもらえる思い出ができた事を祈っています。


<インドネシア>
■Reinard Tanzil(27歳、男性、ファッション誌のグラフィックデザイナー。今回のメンバーの中で最も情報感度が高く、異文化への興味も強い。)
it's open up my eyes now about how big this world, how colorful it's Japanese Culture, Polite people even with their Junior... like me :p my experience in working maybe not as much as you and the others. and this is the first time I meeting with Japanese Team...
you guys are very quick , responsive, also a big thinker it's good... you guys are very details in every little pieces. i wish i was born as a Japanese haha!
(今回の体験で)世界の広さ、日本文化の豊かさに開眼させられました。日本人との交流は初めてでしたが、みな賢く細部にこだわりを持つ「Big Thinker」であり、まだ経験が浅い自分にとても親切に接してくれました。僕も日本人に生まれていたら!(笑)

this kind of workshop it's good for every company who wanted to spread the business into another country. you need to make a real survey. with the people, with the environment, with the land of that country.without that maybe you can only find the answer from the Internet. but i think the result it's gonna be different.
このようなワークショップは、他国に進出する企業にとってとても価値あるプログラムだと思います。人々、環境、文化を実体験する事こそが本格的な調査。もちろんネットで情報を得る事は可能ですが、結果は全く異なるでしょう。

---------------------------------------------------------------------------------------

以上、ほんの一例に過ぎませんが、このプログラムの中で自分の肌で現地を感じ、
自ら新たな「気づき」を掴みとってみませんか?

次回は来春辺りの実施を予定しています。
ご興味がある方は、是非参加をご検討下さい!


お問い合わせ先:トリニティ事務局 担当:岡村
info@trinitydesign.jp

Posted by Yamaguchi

Producer

トリニティ唯一の体育会系。運動で培った精神で、思い立ったらすぐ実行!新興国リサーチ業務でも、インド、インドネシアを中心に"足で稼ぐ"タイプ。

1  2  3

最近のエントリー
トリニティについて

先進国・新興国のデザインリサーチ及びデザイン開発によって、日本企業の海外での成功に貢献致します。
http://trinitydesign.jp/

info@trinitydesign.jp


海外提携会社の詳細はこちらをご覧下さい。