1

2013年 04月 19日 | INDONESIA | Posted by Yuasa

うっかりしていたら、ジャカルタのインテリアがかなりカッコ良くなっていた。

ジャカルタの青山と云われるフマン地区のインテリアショップ.jpg
ジャカルタの青山と云われる、フマン地区のインテリアショップ

無論、施工や質感などは近くに寄ると...「残念」なところもあるが、デザイン感性はお見事という他ない。

また、インドネシアではまだ職人が腕を振るっていて、施工が残念といっても低いレベルではなく、中国のように 「張りぼて感」は全くない。

Morrissey Serviced Apartment.jpg
宿泊したホテル、Morrissey Serviced Apartment。デザイナーはジャカルタ出身とのこと

今回、ジャカルタで活躍している、ラウル氏の建築・インテリアオフィス、Raul Renanda Designを訪ねた。

ジャカルタの建築・インテリアオフィス_01.jpg
ラウル氏のスタジオ

ジャカルタの建築・インテリアオフィス_02.jpg
ミッドセンチュリーの家具が並ぶ

その際、彼の方から、

「日本や中国では職人の存在が高度経済成長の過程で薄れてしまったけれど、
インドネシアこそはそれを反面教師として、国内の職人技術をふんだんに活かし、
モダンデザインと匠の技でデザインの価値を引き上げたい」

との、熱い想いを語ってくれた。

インドネシアのこの勢いの中で、デザイナーや建築家が職人とどう協業できるか...
これからのジャカルタが非常に楽しみになった。

Posted by Yuasa

Trinity COO

トリニティ代表。日本のデザインポテンシャルの向上の為、持てる気力・体力・知力を尽くして新興国を飛び回る日々。

2012年 11月 09日 | INDONESIA | Posted by Yuasa

ジャカルタのグランドハイアットホテル前の広場。
日曜日の朝。

写真に見られるような、ダイナミックな自転車の数。
その数は日本の丸の内や皇居周辺どころではない。

ジャカルタでは自転車が流行っている_02.jpg

ジャカルタでは自転車が流行っている_01.jpg
たくさんの数の自転車


見ると、かなりの高級自転車やウエアもちらほら...お洒落である。
デザインリサーチには持ってこいのスポットだ。

ジャカルタでは自転車が流行っている_03.jpg
広場内の自転車ショップにて

ジャカルタではここ数年から自転車が流行り出し、今や空前の自転車ブーム到来。
健康嗜好のみならず、
スタイリッシュなライフスタイルの象徴にもなっているらしい。
(とはいえ、意外にもジャカルタ中間層のシティ派(?)の中では、
すっきり痩せてスマートに見せたいという願望はあまり育っていない)

ジャカルタでスター・ウォーズのコスプレも出現.jpg
中には、その人出に乗じて映画の宣伝のためのコスプレなども出ていて大賑わい。

インドネシアというと、
ナシゴレンやバティックをすぐイメージしてしまう創造力に乏しかった私は、
この朝の広場に佇み、
明日のインドネシアの生活シーンをいち早く垣間見た気がした。

次の出張で来る時は、おそらくより人の数も増え、
自転車もユニフォームもお洒落になり、そして健康ドリンクを飲みつつ
ダイエットや筋トレで鍛えたボディを誇示するサイクリストを
多く見ることになるんだろうなぁ~と想像するのであった。

Posted by Yuasa

Trinity COO

トリニティ代表。日本のデザインポテンシャルの向上の為、持てる気力・体力・知力を尽くして新興国を飛び回る日々。

2012年 09月 21日 | INDONESIA | Posted by Yuasa

ジャカルタの、とあるオフィス。

デザインリサーチや市場調査の際に一緒に動いてくれる調査会社なのだが、
よく見ると皆同じユニフォームを着ている。

聞くと、インドネシアではこのように
会社のみんなで同じユニフォームを着る日を決めて、
楽しんでお揃いを着ているらしい。

インドネシアのユニフォーム_01.jpg
インドネシアの調査会社、Frontier Consulting Group のおふたり

インドネシアのユニフォーム_02.jpg
週に2日はお揃いのユニフォームの日


このビジネス習慣は、まったく強制ではない。
だから制服というわけではなく、
どちらかというとサークルのユニフォーム、という感じなのだ。

会社の中に、いわば家族のような連帯意識があって、
これを大切にする彼らのマインドの象徴。

インドネシアの広場にいる子供たち.jpg
広場にいた子供たちもお揃いのユニフォーム


日本でも過去にはこのような社内文化が強かったけれど、
昨今なかなか耳にしない。ましてやお揃いを好んで着るなんて...。

よって、社員旅行も大好きで、
わざわざお揃いのTシャツなどをオーダーで作って、
それを着ていそいそと出掛けるらしい。

同じアジアでも中国よりも、もっともっと隣の仲間を大切にする
インドネシアの素敵な国民性がユニフォームには込められている。

Posted by Yuasa

Trinity COO

トリニティ代表。日本のデザインポテンシャルの向上の為、持てる気力・体力・知力を尽くして新興国を飛び回る日々。

2012年 03月 27日 | INDONESIA | Posted by Yamaguchi

インドネシアは世界で最も多くのイスラム教徒を抱える国だ。

街中では、公の場で髪の毛を隠す為のかぶりものである、「ジルバブ」を身に着ける女性が目に付く。

驚くのはそのカラーやデザインの多さ。女性達は「ファッションの一部」としてもジルバブを楽しんでいるようだ。
ジルバブの画像(フリー百科事典 ウィキペディア日本語版より)

口元まで黒い布で顔を隠している、厳格なアラブ諸国のイスラム教徒の女性とは大違い。
参考画像(フリー百科事典 ウィキペディア日本語版より)

インドネシアのイスラム教は一言でいうと「寛容」で「柔軟」。

その教義は、元来の形式と異なる部分が多く、インドネシアの風土や環境に適合した独創的な解釈へと変化を遂げている。

度重なる統治の過程で、様々な国の文化を柔軟に受け入れ、自らの価値観と融合し、新たな価値観を繰り返し育んできた歴史が、その根本にあると推測できる。

インドネシアスタッフによると、ジルバブをかぶるか否かも自分で決めることができ、更にジルバブをかぶれない時にはカツラで代用することもできるらしい(自分の髪の毛を見せているわけではない、ということらしい...)。

またジルバブがあまりにファッショナブルなので、「ジルバブをしている人を横につれて歩きたい!」という男性達もいる、なんて話もちらほら...

インドネシア向けの商品開発においては、この「寛容」で「柔軟」な価値観をおさえる事が重要になってくるのかもしれない。

Posted by Yamaguchi

Producer

トリニティ唯一の体育会系。運動で培った精神で、思い立ったらすぐ実行!新興国リサーチ業務でも、インド、インドネシアを中心に"足で稼ぐ"タイプ。

2012年 01月 27日 | INDONESIA | Posted by Yamaguchi

インドネシアのスーパーマーケットやコンビニのいたる所で
「マサコ」という名称の商品が目に付く。

写真.jpg
「マサコ」という名の調味料

実はこれ、日本の「味の素」。

インドネシア語で「調理する」という意味の「MASAK(マサック)」
とかけて、日本の女性の名前を連想させる名称にあえて変更して
ローカライゼーションを行っている。

インドネシアのスーパーやモールを歩いていると、そこかしこに
日本を連想させる商品名や、日本語を使った表記が目に付く。

新興国の中でも、ことインドネシア市場においては、
「日本イメージを活用する事」は、ひとつの成功テクニックとなっている。

インドネシアは親日家が多い国として有名だ。

インドネシア人の提携先スタッフに聞くと、親日の歴史は大東亜戦争時代に遡り、
オランダ軍によって350年続いた圧政が、日本軍の侵略によって終了した事が
その発端にあるとの事。

またインドネシアには東ジャワ地域に古くから伝わる『ジョヨボヨ王の予言』
というものがあり、そこには以下のような一説がある。

「我らが王国は、白い人びとに支配される。
彼らは離れたところから攻撃する魔法の杖を持っている。
この白い人の支配は長く続くが、空から黄色い人びとがやってきて
白い人を駆逐する。この黄色い人びとも我らが王国を支配するが、
それはトウモロコシの寿命と同じくらいの期間だ。」

この「黄色い人びと」が、軍用機からパラシュートで上陸する当時の
「日本兵」の姿と重なった事が、日本の良いイメージを作り上げた
大きな一因であると思われる。

最近では外資ブランドまで日本語を活用したネーミングをつけて
ビジネス展開をしている状況も見受けられる。
(正直、なんと書いてあるのか分からないものも見かけるが。。。)

R0029348.jpg
何とか読める日本語ネーム例

海外で商品展開を行う際、どのようにローカライゼーションを行うかが
昨今大きなビジネステーマとなっているが、ことインドネシアに関しては
『ジョヨボヨ王の予言』というストーリーに裏打ちされた、強力な
日本ブランドで牽引する、という視点の商品企画が重要なのかもしれない。

因みに、「マサコ」の展開版である、照り焼きソースの「サオリ」も人気上昇中。

R0029675.jpg
スーパー棚のベストポジションを占有する「サオリ」

Posted by Yamaguchi

Producer

トリニティ唯一の体育会系。運動で培った精神で、思い立ったらすぐ実行!新興国リサーチ業務でも、インド、インドネシアを中心に"足で稼ぐ"タイプ。

1

トリニティについて

先進国・新興国のデザインリサーチ及びデザイン開発によって、日本企業の海外での成功に貢献致します。
http://trinitydesign.jp/

info@trinitydesign.jp


海外提携会社の詳細はこちらをご覧下さい。