1  2  3  4  5

2016年 06月 10日 | セミナー・お知らせ | Posted by ブログ管理者

去る6月2日(木)、トリニティが講演を行う日経BP社・日経デザイン誌主催、「ワールドデザイントレンドセミナー」が開催されました。

今回も例年どおり90名もの方にご参加頂き、製品開発におけるデザイントレンド、そしてCMF(カラー、マテリアル、フィニッシュ)への関心の高さが伺われるものでした。

会場となったのは秋葉原の富士ソフトアキバビル内の、アキバプラザ。余談ですが、この富士ソフトアキバビル内には、メーカーズの間で話題のDMM.makeAKIBAもあります。
秋葉原でも新しく開発された、イノベーションを生む新たなエリアになっています。

さて、毎年恒例となった本セミナーは、トリニティが本セミナーの企画立ち上げより協業しているものであり、3人のプレゼンテーターによる、3部構成でのお届けとなっています。

開会は、日経デザイン誌の丸尾編集長から来場頂いた皆様への惜しみない謝辞にて幕開け。本当にこうして集まって頂けたことにトリニティ一同としても、感謝の気持ちです。

講演者のトップバッターを飾るのは、日経デザイン誌をはじめ数々のデザイン系メディアで執筆をされている高橋美礼さん。
2000年頃から毎年ミラノサローネに通い、今年で16回目になるそうです。

高橋美礼さん.jpg
高橋美礼氏の講演では、氏の撮影してきた写真と共にミラノ市内のサローネ会場の周遊を追体験する

高橋さんの講演では、ご自身が会場やミラノ市内を歩きまわって撮影された写真を投影しながら、現地の見どころを訪ねる行程を追体験していきます。
ご本人もおっしゃっていましたが、サローネは本当に見切れない規模での開催となっているため、講演用のスライド数もかなりの量。スピーディーに次々見どころを進めての進行です。

作品の紹介で目立ったところでは、佐藤オオキ氏率いるnendoの作品が、色々なブランドで展開していたことと、深澤直人×ジャスパー・モリソンによる(2006年に発信された)スーパーノーマル展の流れを組む作品や、パトリシラ・ウルキオラといった著名デザイナーの手になる作品がよく取り上げられていました。

特に我々日本人にとって注目のトピックは、日本の家具メーカーとしては初めてパビリオン出展を果たしたマルニ木工。サローネの会場で日本のメーカーがスペースを取るのはかなり難しいとのこと。深澤直人、ジャスパー・モリソン両氏との長年の協業、そして辛抱強く実績を積み上げて主催側と交渉を続けた結果の今回の出展ということで、とても嬉しく、感慨深いエピソードでした。

また、市内ではイゾラ地区という、新たなトレンドスポットの出現が報告に沿えられていました。こういった現地ならではの情報によって、聞いているほうも実際に現地を訪問したかのような、サローネのリアルな興奮が伝わってくるものでした。

さて、高橋美礼さんの講演で今年のサローネの見どころを追体験した後には、いよいよトリニティの出番です。

トリニティの講演は「ミラノサローネから分析する最先端のCMF(カラー・マテリアル・フィニッシュ)トレンド」と題して、サローネの概要というよりも、膨大な出展作品から、今年のトレンドをカラー(色)、マテリアル(素材)、フィニッシュ(仕上げ)の観点から詳細に分析していくものです。サローネで収集した情報をどのように読み解けばよいか、そこからどんな傾向が読み解けるか、についてのトリニティからの1つの解答であり、製品開発ご担当者様に必見の、明日から役立つ内容になっています。

その内容を一部、ご紹介します。
まず、色傾向についてですが、今年は昨年から引き続き、明度・彩度が共に低く渋い傾向にあるものの、ややくすみがとれてきたようです。また、サローネならではの色の傾向として、グリーンがスタンダードな色として定着してきたのもポイントです。

ちなみに今年のPantoneのトレンドカラーもクリーミーかつパステルな、ピンクとブルーという、初の2色展開となっているのですが、この2色が分離することなくグラデーションで表現されたカラーチップが公開されています。
ROSE QUARTZ & SERENITY
http://www.pantone.jp/color-of-the-year-2016?from=hpSlider

この背景には、ジェンダーレスをはじめとする、あらゆる境界のない世界への渇望が反映されているとトリニティでは考察しているのですが...さて、みなさんはどう思われますか?

一方、素材と仕上げの傾向としては、素材そのものの「地」を生かした表現が散見されます。たとえば大理石ならば、その石目の模様を活用した表現などがそれです。他には、金属のコルテンカラー(錆色)の処理も多くのプロダクトで見られました。

また、トレンドは今を見るためではなく、トレンドの周期を見つけることで未来予測もできることをわかりやすく解説しました。

トリニティ・デザインリサーチャー村田まゆみ2.jpg
トリニティのデザインリサーチャー・村田まゆみ。CMFの観点に特化したサローネのレポートは、実用的で明日からの業務にも活用して頂けるもの

この他、もっと細かくご紹介しているのですが、それはご参加頂いた方にだけ、お持ち帰り頂きたいと思います。

そして3人目の講演者は、毎年海外見本市に進出している日本のブランドの方にお話頂いています。今年は、西陣織の老舗、株式会社細尾の細尾真孝さん。
ロンドンのVictoria & Albert 美術館での展示から帰国したばかりという、大変ご多忙なスケジュールの中を縫って、羽田から直接会場に駆けつけて頂きました。

細尾は西陣織の老舗でありながら、ディオール、シャネル、ルイ・ヴィトンなど世界の一流ブランドと次々とコラボを広げています。細尾氏のプレゼンスライドからは、次々と華やかな海外での晴れ舞台の模様が映し出されていきます。

しかし、現在に至るまでには、国内の着物市場の先行きに対する見通しの厳しさや、海外出展の経験がない中での苦い経験もあったと言います。それでも古くからの伝統と技術力に対する自信と確信を持っていたからこそ、西陣織が世界に通用する「強み」を見出し、海外からもその価値を見出されることに繋がったことに違いありません。

西陣織のファブリックを他の製品に展開する上で制約となったのが、古来からの帯幅。
それに対して、より幅広く織ることのできるよう、織り機そのものを新造することで対応するなど、伝統を次代に伝えていくだけでなく、時に大胆に革新を取り入れていることで、世界へと西陣織の新たな魅力を発信することができたのでしょう。

細尾真孝氏.jpg
細尾真孝氏。元はミュージシャンであったというエピソードに驚きの声も。従来の枠組みにとらわれない発想で、次代の日本の伝統文化を担う

そんな細尾様ならではの新たな試みとして、バイオテクノロジーを活用した絹を使った作品をいくつかご紹介頂きました。なんと、クラゲのDNAを蚕に組み込むことで、暗闇に特殊な光を当てると美しく発光するファブリックが誕生。
他にもまだまだ、バイオテクノロジーを活用したファブリックの可能性があるそうです。

また、細尾真孝氏は京都の伝統工芸6社の若手後継者による、GO ONプロジェクトも推進。
急速に縮小している日本の伝統工芸ならではの良さを再び見つめ直す活動も積極的に行っています。海外に立ち向かうために必要なのは、「圧倒的な差別化」であると細尾氏。
子供達が将来、伝統工芸に憧れ、目指したいと思ってくれるように...目を輝かせて語るその言葉が、現実のものとなることを願ってやみません。

3時間半と決して短くはない講演ですが、終わってみればあっという間にすら感じる内容・密度の濃さ。最後まで聞いて頂いた方は、ご自分の中で振り返ってまとめる作業が大変かもしれません。ですが、きっと数多くの収穫を持ち帰られたのではないかと、胸を張って言えるようなセミナーになったかと思います。

ご来場頂いた皆様、本当にどうもありがとうございました。

サローネセミナー質疑応答.jpg
最後の質疑応答の1コマ。参加者も大変知見のある方が多く、投げかけらる一問一問が非常に深い内容だったのが印象的。

Posted by ブログ管理者

2015年 12月 17日 | セミナー・お知らせ | Posted by ブログ管理者

12月3日、弊社社長の湯浅と株式会社プラグの小川社長とがパネラーになり、
【今、デザイナーが身につけるべき10のビジネスキーワード】というテーマで、
セミナーを開催しました。当日はインハウスデザイナーの方を中心に、
およそ60名の方々にご参加いただきました。

「強いデザイン部門とは?」
「異業種のデザイナーと交流しているか?」
「デザインはどう決定されるべきか?」

などをテーマに、日頃どのように考え、アクションしているのか、ご参加の皆様からも貴重なお話し伺うことができました。
所属する会社によって、どのテーマでも考え方や、方法に大きな違いがあるのが印象的でした。

代官山SodaCCo会場.jpg
満員御礼の代官山SodaCCoの会場風景。
これだけ様々な業種のインハウスデザイナーが一同に会する機会は、
滅多にない?


強いデザイン部門とは

まずは今回のセミナーのメインテーマとも言うべきお題、「強いデザイン部門とは」という投げかけからスタート。いくつかの視点が投げかけられ、またそれに対する考え方や経験が語られました。

強い=人数が多いことなのか、それとも人数ではなくデザイン部門として作り出す価値の質なのか、といったことが議論に上がりました。
人が増えることで競争が増え、切磋琢磨することでデザイン部門が強くなる。
3人くらいの人数だと、依頼される内容が多岐にわたるので役割が定義しにくくて一番微妙な人数かもしれない。
ポルシェデザインやアップルなどは人数が限られているのに、強いデザイン部門なのはなぜなのか。
また、バングアンドオルフセンなどはデザイナーが社内にいないのに、あれだけデザイン力のある商品を世に出せていることを考えると、人数と強さは直接は関係ないのかもしれない。

トリニティ湯浅_プラグ小川社長.jpg
弊社社長、湯浅とプラグ小川社長。
和やかな雰囲気のもと、トークも弾む。

また、会場からはどのように社内にデザイン部門のミッションや役割を伝え、部門としての存在感、人員を増やしていったのか...といった経験談も紹介され、参加された方々には参考としてだけでなく、勇気になったのではないでしょうか。

強いデザイン部門の特徴としては、ほかにも社長や経営陣と話ができること、そのためにはターゲットユーザーをきっちり伝えること、また強いデザイン部門を社内に認識してもらう方法として、外から「御社のデザイン部門はすごいね」といってもらうことの効果などが会場から紹介されました。
また、デザイン部門のKPIをしっかりと作ることでデザイン部門の役割や成果を見える形にすることの重要性についても触れられました。

異業種デザイナーと交流してますか?
次に、全く異なる業界のデザイン部門、デザイナーとの交流についてディスカッションが進みました。会社によっては、お互いのデザイナーがある一定期間交換在籍をすることで、互いのスキルアップや気づきを実現するといった試みを行っているところもありました。

異業種の情報交流では発見することも多く、自分だけでは追いつけない世の中の情報の流れをつかむ貴重な機会になるといった意見があった一方で、守秘義務の問題や会社の所在地、あるいは会社のカラーが保守的であるといった要因から、異業種デザイナーとの交流の機会が作れていないといった報告もありました。

問いかけに◯×で回答する会場2.jpg
来場者には◯×カードを使って、問いかけに答えてもらう参加型形式。
会場を積極的に巻き込む形で、トークはさらにヒートアップ。

デザインはどう決定されるか?
デザインの決定に関しては、社長が決める、部門で決める、デザイナーが決める、調査の裏付けをするといったいくつかの決定のプロセスが紹介されました。推奨マークを付けることでデザイン部の考え方や意見を発信する機会をつくるといった具体的なお話や、デザイン部門が一定の決定権をもつ代わりに、ブランド指名制や市場環境と同じような競争環境を作って、報酬に反映させるといったアイデアも出ました。

発言する参加者.jpg
挙手をして積極的に発言してくださる方が多かった、今回のセミナー。
運営側も、マイクを持って会場を右往左往。

デザイン部門の顧客は誰なのか。最終消費者なのか、ブランドマネージャなのか、社長なのか。長期的にデザインの資産をしっかりと守っていくのもインハウスデザイン部門の大切な役割なのではないか。といった問題も提起されました。

インハウスデザイナーの方々同士が交流する機会はそれほど多くないようですが、時間軸の異なる車などの耐久財のデザイナーと一般消費財を扱うデザイナーとが、それぞれの仕事のやり方を知り、取り入れることで活かせることは多いのではないかと考えます。
セミナー終了後、多くのご参加者の皆様同士でお名刺交換していただきました。
今回のセミナーが異業種交流のきっかけになればいいな、と考えております。

インハウスデザイン部門の方々の活躍の場が増えることで、
社会におけるデザインの価値は今以上に上がると考えています。
そのために、今後も新しい刺激を生み出せる場を作り続けたいと考えております。

トリニティとプラグでは、来年以降もテーマ・やり方を変えてワークショップやセミナーを実施する予定です。

キーワードで埋め尽くされたホワイトボード.jpg
トーク終盤、ディスカッションと会場からの声を書きとどめたホワイトボード。
ビッシリ並んだキーワードが、濃密な時間を物語っている。

Posted by ブログ管理者

2015年 05月 30日 | セミナー・お知らせ | Posted by ブログ管理者

福祉・介護現場の課題解決をデザインする、
恒例の「福祉×デザイン・アイデアソン」。
今回はいよいよ実際に福祉施設を訪問しての実施です!
会議室を飛び出して実際の現場に足を運び、「福祉現場の今」を体感する機会となります。

暮らしの場である福祉施設に足を運ぶことで、報道やアンケートなどでは見えてこない、様々な気づきを得ることができます。

利用者や職員の表情や動き、施設の雰囲気、音、光・・・・。

普段の業務では触れることのできない実際の現場に身を置くことで、
これまでの福祉現場に対する印象が変わったり、
または、確信を得たりすることができるかもしれません。

今回のアイデアソンでは、ただ頭で考えるのではなく、肌で福祉現場の今を感じてもらい、そこから新たな気づき、インサイトを引き出す時間を目指します。
ただの視察に留まらず、これまでご好評頂いているご参加者同士の意見交換ワークも
合わせて実施することで、一人だけでは得られない気付きも共有することができます。

施設の現場訪問という都合上、6人に限定してのご案内です。
皆様のご応募をお待ちしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 開催概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆実施概要
開催日時:2015年6月26日(金) 14:00~18:00

集合場所:西武新宿線 新所沢駅 改札前

視察先:特別養護老人ホーム(埼玉県 所沢エリア)
※ご参加確定された方には施設名をお伝え致します。

申込締切:2015年6月12日(金)

◆当日のタイムテーブル
集合:13:40(新所沢駅)
 →全員集合次第、施設へ移動
視察:14:00~16:00
・施設内覧+ご説明(90分)
・質疑応答・ディスカッション(30分)
 →終了後、移動
ラップアップMtg:16:30~17:30(60分想定) 
 →新所沢駅に移動後、解散

◆参加費
6,000円(税込/1名様)
※御社宛に後日、御請求書を発行させて頂きます。

◆参加定員
6名様
※お申込多数の場合は抽選とさせて頂く場合がございます。

◆想定対象者
医療・福祉市場でのデザイン・商品企画・マーケティング活動を行う方々

◆ファシリテーター 須藤 順
トリニティ(株)ソーシャル・ケア・デザイナー
(株)CCL取締役・コミュニティデザイナー
1981年生まれ。博士(経営経済学)、社会福祉士。
ソーシャルワーカーを経て、中間支援機関でソーシャルビジネス支援に従事。
その後、(独)中小企業基盤整備機構リサーチャーを経て現職。
2014年より、ソーシャル・ケア・デザインに参画し、
医療・福祉・教育×デザインによるイノベーション創出をサポートしている。

■お申込み方法
下記欄に必要事項を記載の上、
info@trinitydesign.jpまでご連絡ください。

【応募フォーム】
****************************************************************
◇貴社名:
◇ご参加者様名:
◇所属部署名:
◇現在の業務とご応募されるセミナー・勉強会内容との関わりについて:
◇今回の視察で見たいところ、聞きたいこと(視察の内容に出来る限り反映します):
◇ご連絡先(メールアドレス):
◇ご連絡先(電話番号):
****************************************************************

Posted by ブログ管理者

2015年 04月 02日 | セミナー・お知らせ | Posted by ブログ管理者

「ミラノサローネ」「メゾン・エ・オブジェ」「アンビエンテ」
~世界の見本市からデザイントレンドを徹底分析!~

商品企画やコミュニケーションにおいて、世界のデザイントレンドを知り、 活用することは欠かせません。 デザインがかかわる事業がグローバル化すればするほど、世界のデザイントレンドをいち早くつかむことが不可欠になります。

そんな世界のデザイントレンドを見据えるうえで欠かせないのが、 世界的な見本市での情報収集です。
なかでもドイツで開かれる「アンビエンテ」やフランス の「メゾン・エ・オブジェ」、そしてイタリアで開かれる「ミラノサローネ」は、 世界中からデザイナーやビジネスマンが訪れ、最新のトレンド情報を収集し、自らのビジネスやデザインに応用する注目の場です。
デザインのトレンドをいち早くつかみ、また海外でのブランディングを考えていくうえで、 これらの海外見本市への出展・視察は欠かせません。

先進企業がどの様なデザイン開発や海外展開へのリサーチを行い、 ビジネスを進めているのか。
また、出展者や見本市自体から読み取れる、これからのトレンドとは。
本セミナーでは、単独でリサーチすることが困難な複数にわたる大規模な見本市の膨大な情報を、 現地取材でいち早く吸収し、独自の分析を加えて報告。
ジャーナリスト、リサーチャー、 実際に参加したデザイナーなど多様な講演者による解説で、みなさまに世界の最新のデザイン情報をリアルに感じ取っていただきます。

<本セミナーの見どころ>
●現地取材者ならではの視点で現場の注目情報を解説
●「CMF(カラー・マテリアル・フィニッシュ)」などのデザイントレンドを分析
●豊富な写真や映像で現地の様子を実感
●現地取材でしか分からない注目デザイナーの新しいクリエーションがわかる
●ミラノサローネ等で活躍するデザイナーが海外で売れるデザインの秘訣を解説

-------------------------------------------------------------------------
【プログラム】

●14:00~15:00
欧州見本市で注目のデザイナー&ブランド
そのデザインの傾向を探る
日経デザイン
協力編集者
高橋 美礼 氏

●15:00~16:00
ミラノサローネから分析する
最先端のCMF(カラー・マテリアル・フィニッシュ)トレンド
トリニティ株式会社
リサーチャー、デザインプロデューサー
村田 まゆみ 氏

●16:10~17:00
海外展示会ビジネスレポート「海外マーケットで売れるデザインの秘密」
株式会社クルツ
代表
島村 卓実 氏

●17:00~17:30
質疑応答

-------------------------------------------------------------------------
【トリニティ・講演内容】
ミラノサローネから分析する最先端のCMF(カラー・マテリアル・フィニッシュ)トレンド

パッケージ、インテリア、ファッション、プロダクトの開発で色彩や素材の検討は最重要課題。 しかし、「カラー」「素材」「仕上げ」の流行の変化は速く、 継続的な動向を把握する必要がある。本セッションでは、長年にわたりデザイントレンドを独自のリサーチから分析しているトリニティが、 ミラノサローネなどの展示会情報から最新のデザイントレンドを分析。 実務に直結する最先端の情報を解説する。

◆講師 村田まゆみ(トリニティ株式会社 リサーチャー・デザインプロデューサー)
--------------------------------------------------------------------------

◆実施概要
開催日時:2015年6月11日(木) 14:00~17:30
会場 :TKPガーデンシティ御茶ノ水(東京・御茶ノ水/JR御茶ノ水駅から徒歩4分)
東京都千代田区神田駿河台3丁目11-1
三井住友海上駿河台新館2F/3F(事務所 3F)
会場までのアクセス↓
http://tkpochanomizu.net/access.shtml
定員 :80名(定員になり次第、締め切り)
最小開催人員:40名
※参加申込人数が最小開催人員に達しない場合は、
開催を中止させていただくことがあります。
また、やむを得ず講師等が変更になる場合もございますので、
あらかじめご了承ください。

参加費:※今回、当ブログからお申込みの方は
特価でお申込み頂けます!
早期割引料金(~5月14日までにお申込みの場合)
- 特価:34,000円 (一般:38,000円)
通常料金- 特価:35,000円 (一般:39,000円)

■特価でのお申込みはこちらから!
https://ec.nikkeibp.co.jp/pages/FG0702010Ini.do?itm=SM_01W01052862001

主催 :日経BP社・日経デザイン

Posted by ブログ管理者

2015年 02月 12日 | セミナー・お知らせ | Posted by ブログ管理者

遠くて近い問題である介護。
現場にはたくさんの課題が山積しています。

介護を受ける側、サービスを提供する側の双方が精神的、肉体的な課題や不安、悩みを抱えていることが報告され、その解決をいかに図っていくのかが社会問題として取り上げられるようになってきました。

そうした現場にある課題の解決は、これまで通りの方法や仕組み、考え方では解決することが難しいのかもしれません。

これまでと異なる視点や方法、これまで関わりのなかった多様な専門性を持つ人が協働しながら、解決の糸口を見つけていく必要性が生まれています。

未だ解決されていない課題がある、ということは、その解決を図ることでイノベーションを生み出す可能性があるということを意味し、それは企業にとっては大きなビジネスチャンスになるかもしれません。

今回は、話題提供者として、
訪問介護事業に取り組む、株式会社トータルライフコンシェルジェの管理者である水澤弘之亮さんをお招きし、訪問介護の実際とそこで浮かび上がる課題をお話しいただきます。

-------------------------------------------------------------------------------------
[話題提供者プロフィール]
◆水澤弘之亮
株式会社トータルライフコンシェルジェ 介護事業部 管理者

1987年富山県出身 高校生の時、ケガをきっかけにマネージャーに転身。チームを影ながら支える楽しさを学び、人を支える仕事に就きたいと考える。富山健康科学専門学校で、ヘルパー2級の資格を取り、上京を決意。 (株)大起エンゼルヘルプにて2年間、正社員として夜間巡回の訪問介護に勤める。その後、登録ヘルパーとして約3年ALS専門で訪問介護を行う。
2013年に株式会社トータルライフコンシェルジェをたちあげ福祉の希望となるべく介護事業をスタートする。
-------------------------------------------------------------------------------------

当日の進行は、話題提供で得られたインサイトを基に、アイデアワークを行い、課題解決へ向けた具体的な商品/サービスのアイデア創出を目指します。 アイデアワークでは、誰でも簡単にできるアイデア創出のメソッドを活用し、無理なくアイデア創出を図っていきますので、ワークショップやアイデアソンへの 参加経験のないかたでも参加いただけます。

◆想定対象者
今後、医療・福祉市場でデザイン・商品企画・マーケティング活動を行う方々。

◆実施概要
開催日時:2015年3月12日(木)
15:00~18:30(3時間半)
申込締切:2015年2月28日(金)
会場:トリニティ会議室(東京都千代田区)
http://trinitydesign.jp/companyinfo
参加費:当日現金お支払い 5,000円(税込/1名様)
定員:8名
※お申込多数の場合は抽選とさせて頂く場合がございます。

■各セミナー・勉強会のご応募について
下記欄に必要事項を記載の上、
info@trinitydesign.jpまでご連絡ください。

【応募フォーム】
***************************************************************
◇参加希望セミナー・勉強会名:
◇貴社名:
◇ご参加者様名:
◇所属部署名:
◇現在の業務とご応募されるセミナー・勉強会内容との関わりについて:
◇ご連絡先(メールアドレス):
***************************************************************

Posted by ブログ管理者

1  2  3  4  5

最近のエントリー
トリニティについて

先進国・新興国のデザインリサーチ及びデザイン開発によって、日本企業の海外での成功に貢献致します。
http://trinitydesign.jp/

info@trinitydesign.jp


海外提携会社の詳細はこちらをご覧下さい。