1

2014年 02月 24日 | THAILAND | Posted by Miki

今回のワークショップでは、日本と相手国の「ステレオタイプ」について収集してまとめることが事前準備の一つでした。フジヤマゲイシャというようにこういうステレオタイプは表面的なものも多いのですが、その偏よった視点「そのもの」が十分面白く、特にタイ人のデザイナーは非常に積極的に説明してくれて時間が足りなくなるといったことも起こりました。

日本側の「ステレオタイプ」の提示として、「タイ人は痩せている」というのがありました。それに関して肯定的なタイ側の説明として面白かったのは、タイ人はスキニー(細い)で、Sサイズの下に後4種のSよりも小さいサイズがあるということ。
たしかにバンコクの街には痩せている女性が多く見られ、太っている方はまれです。

痩せている女性こそが美しいという段階で、先進国の「痩せすぎはアカン」という人たちが現れるレベルには達していないという言い方もできます。
日本ではぽちゃモテが注目されています。もっとも一つ時代をさかのぼれば、痩せている女性は食べるものが少なくて貧乏だから痩せているのであって、ふくよかな容姿こそステータスという時期や国もありました。
インドの一部は今もその良い例でしょう。

ただもうちょっと気軽な話題としては、彼らは食文化として非常に辛い料理を日常的に好んで食べ、いわゆる唐辛子のカプサイシンのダイエット効果もあるのではと思いました。いくつかの南の方のアジア地域やラテンアメリカで香辛料を多用する食文化がいくつかあるようですが、タイ料理の辛さもかなりのものです。食べると発汗し、代謝が良くなるのがわかります。
タイ人の参加者はもちろん太った方はいません。

ワークショップではその辛い昼食をその場で出してもらって食べたのですが、料理の説明なども聞けてランチも学習でした。参加者いわく、どこでも提供される食事は美味しいけど、きっと長い期間食べ慣れれば飽きるよね、というのですが、そうかもしれません。

ワークショップでのランチ風景.JPG
タイでのワークショップのランチの一コマ。
食品のパッケージで青の色使いは日本であまり見かけないもの。

いくつかフィールドワークで回った中間層や富裕層のモールでは、タイ料理もさることながらグローバル展開するファーストフードのチェーンや日本の外食チェーンも多く、世界中で食文化がこうしたチェーンに浸食されて、似た味になっていくのが実感できます。地元料理もフードコートでサービスされ、衛生面ではありがたいのですが、おそらく微妙な味付けや、大量に入手できない材料を使った料理は駆逐されていくのでしょう。少々淋しい。

またマスクした店員がプラスチックなどのトレーにポリの手袋で料理を盛るのを見ると、これはエサか、という気にもなりました。

フードコートのデザート.JPG
フードコートで食べたデザート。
清潔だが、どこか味気なく感じられる。

マクドナルドは代表的なグローバルチェーン。基本メニューは各国で驚くほど同じ味がします。品質管理の勝利です。ローカルにカスタマイズしたメニューは旅行者にとっては楽しみの一つでもあるのに・・・。

ワイをするロナルド.JPG
モールにて、「ワイ」をするドナルド(ロナルド)。

マクドナルドは食文化のグローバル化で話題になりますが、タイではドナルド(ロナルド)は合掌(ワイ)しています。ローカル化の身振りですが、その程度の妥協でしょう。

新興国の初期では、マクドナルドはサービス文化と清潔さの輸入でもあったようです。
にこやかな応対とか、衛生に気を使った調理と掃除の行き届いた食べる場所は、
最初は驚くべきものだったはずです。マクドナルドのハンバーガーはそのサプライチェーンにおいて完成度が高く、各国の経済状況をみるのにハンバーガーがいくらするか見ればわかるわけです。

(あなたは異国でマクドナルドの店舗を見て、ここもか、とがっかりするタイプですか? それとも助かったとホッとするタイプでしょうか。)

タイ料理はまだ比較的、中部に限って言えば特定の素材や調理法、味付けで実体があるのですが、今回のもう一つ別の国のインドネシアは「インドネシア料理」としては範囲が広すぎて語れないと言えます。

海洋王国オランダが植民地とした地域がインドネシアの地理的範囲の基礎となっているのですが、この地域の広さはアメリカ合衆国がすっぽり入る広さの上に、島嶼になっていて分断されているので、とても文化的・民族的に統一した地域とは言えず、したがってインドネシア料理は、例えばヨーロッパ料理~というような大くくりの概念になります。

料理を考察するだけで、歴史的に形成されている価値観や文化などを理解する糸口がみつけられます。美味しい料理を味わうとともに、その成り立ちに思いを馳せてください。

Posted by Miki

Senior Researcher

教授のような地味な風貌で、アタマとカラダを酷使して
世界市場に目を向ける辣腕調査員。
実は「情緒の豊かさ」では、トリニティでダントツ。

2013年 08月 09日 | THAILAND | Posted by Fukazawa

タイ、バンコクを歩いていると、黄色を背景にした国王の肖像画が、さまざまな
場所に存在していることに気付く。

00_バンコク中央駅のプラットフォームにある国王の肖像画.jpg
バンコク中央駅のプラットフォームにある国王の肖像画。

01_バンコク市内幹線道路にある国王の肖像画.jpg
バンコク市内、幹線道路にある国王の肖像画。

現地の人々に聞いてみると、現在の国王、ラーマ9世は治世の手腕のみならず、
その人柄も含め、国民から絶大な人望を集めているという。

02_ワットアルン前の国王の肖像画.jpg
ワットアルン前の国王の肖像画。

今は亡きラーマ9世の母は、1988年に森林保護と麻薬撲滅としてタイ山岳部に森林プロジェクトを立ち上げ、今まで生活の為に麻薬を作っていた人々に農作物を作る
技術を伝えることで彼らの生活基盤の改善を図ったのだが、このようなタイ王室主導の開発プロジェクトは、現国王の元、現在も進められているとのこと。
国王が慕われている背景に、国民を思う慈悲深い人柄があることを思わせる。

ちなみに、なぜ肖像画の背景が黄色かというと、今の国王を象徴する色は黄色
だから。

というのもタイでは曜日毎に色があり、「生まれた日の曜日色」をラッキーカラーとして大事にする風習がある。
現国王は月曜日生まれで、月曜日の曜日色が黄色なのだ。

各曜日色は、日=赤、月=黄、火=ピンク、水=緑、木=オレンジ、金=ブルー、土=パープルとなっており、この風習はヒンドゥー教の神話に基づいているとの
こと。

このように国王の人望と曜日色の風習が重なり、国王の誕生日(12月5日)には、国民が黄色のモノを身に着け、生誕を祝福する姿を至る所で目にすることが出来るそうだ。

人の性質について話す際、よく『あの人のカラーは・・・』と言うように、カラーを個性や人柄という意味で使う場合があるが、タイでは生まれた曜日によって、その人のラッキーカラーのみならず、基本的な人柄や性格も定められているようだ(あくまで占いレベルだが)。
なので、タイでは(日本で相手の血液型を聞くように)人の誕生日を聞くことが一般的らしい。

なんだか、この占い好きな部分にも、同じアジア人としてちょっと親近感が湧いていくる。

Posted by Fukazawa

Design Producer

海外のデザイン・トレンドの事情通。トルコやブラジルなど、新興国の情報収集に余念がない。

2013年 07月 08日 | THAILAND | Posted by Sakurai

日本人のロングステイ希望国・地域の1位はマレーシア、2位はタイである(2011年度、ロングステイ財団調べ)。タイの魅力はいったいどこにあるのだろうか?
日本に比べて物価が安い(月20万円でゴルフ三昧?)、欧米に比べ日本に近い(戻ろうと思えばすぐ戻って来られる)、寒くない(暑いけれども、寒いよりは暮らしやすい)といった理由はすぐに思いつきそうだ。

先日初めてタイ・バンコクに出張したのだが、百聞は一見にしかず。
「住んでみてもいいかなあ」と思わせる、何ともいえない魅力があるのに気づいた。
以下、独断と偏見で、タイに住みたくなる(なった?)理由を紹介しよう。

第一に挙げられるのは、ホスピタリティにあふれていること。礼儀正しいと言ってもいいかもしれない。老若男女みんなが、手を合わせて挨拶をする(ワイとよばれる)。日本人も同じ仏教徒だからなどと思って、ついつい真似をしてしまう(普段は仏教のことなんか考えたこともないくせに)。ただ、この習慣が日本人にとって何%かタイの好感度をアップさせているのは間違いないと思う。

ほほえみの国タイのドナルド.jpg
老若男女が手を合わせて挨拶をする光景がよく見られる。
ドナルドも「微笑みの国」ではご覧のとおり。

第二にメシがうまい。街中に屋台がひしめいていて、あらゆる食べ物を売っている。現地の高級マンションを見ると、意外にキッチンが貧弱。現地の人に言わせると、屋台で買ってくればたいていの料理は事足りるので、家で調理をする必要がないのだとか。調べてみると、本当だった。タイの都市部では外食の食料品支出全体に占める割合は35%、中食(調理済み食品を家庭で消費)も含めると59%にも及ぶ(タイ国統計局2011)。ちなみに日本では外食、中食合わせて3割程度である。

そう言えば、定食チェーンの「大戸屋 ごはん処」が2005年に最初に海外店舗を開いたのがバンコクだった。現在ではタイ国内で40店舗近くを展開している。メニューは日本と変わらない定食で、値段は250バーツ前後。これは日本での値段とほとんど変わらないから(800円くらい)、現地の感覚ではちょっとだけ贅沢なレストラン。大戸屋が海外初出店にタイを選んだのは、もともと米食文化の国である、親日的で日本料理の店が多い、魚をはじめ食材の質が高いのが、その理由だったそうだが、これだけ成功しているということは、日本人とタイ人の味覚には共通性があるのではないか。

タイの日本式カレー店ココイチ.jpg
日本の外食チェーンが広く受け入れられている。タイにはタイカレーが存在するが、日本式のカレーも好評。味覚の共通点は多い?

第三にユルい。やはり現地の人が言うには、タイにもちゃんと法律はあるが、あまり守られない。歩道をバイクで飛ばしているのには驚いたが。この点ではルールをきちんと守る日本とは対極にあるのかもしれない。かと言って、無法の世界かというとそんなことはない。最初に礼儀正しいと書いたけれど、細かいことは気にせずに、それでも何とかうまくやっていける世界という感じだろうか。日本人も本音を言えば、こんな社会を望んでいるのかもしれない。

こんなことを書いているうちに、またタイに行きたくなってきました。


タイの適度にゆるい犬.jpg
礼儀正しく、適度にユルい。
タイは犬にとっても日本よりずっとのびのびできる環境かもしれない。

Posted by Sakurai

日本では数少ないデザイン・マーケッター。
トリニティでは、新興国のリサーチの現場を這い回る事もしばしば。
日本の「匠」を世界に知らしめる事に命を懸ける!

1

トリニティについて

先進国・新興国のデザインリサーチ及びデザイン開発によって、日本企業の海外での成功に貢献致します。
http://trinitydesign.jp/

info@trinitydesign.jp


海外提携会社の詳細はこちらをご覧下さい。